に投稿

博多人形について

博多人形の歴史

博多人形の歴史は古く、誕生は1600年にまでさかのぼります。関ケ原の戦いで功績を上げた黒田長政は、筑前、今の福岡を新しく治めることになり、この地に入ります。博多から少し離れた福崎という地に、壮大な福岡城を建築するため、多くの職人が集められました。そのうち、お城の瓦を作っていた職人の一人である正木宗七が、瓦を造っていた粘土で人形を作ったのが今の博多人形の始まりだと言われています。そのころには、既に素焼きの人形を愛でる習慣があったとも言われています。

その後、1800年代になって中ノ子吉兵衛が素焼きの人形を庶民向けに作るなど名工が増え、全国に流通しました。さらに、1890年の第3回内国勧業博覧会、1900年のパリ万国博覧会に出品展示され、博多人形は日本国内だけでなく海外でも大きな注目を浴びるようになりました。

博多人形は日本を代表する伝統工芸品になりました。日本の経済産業省大臣指定の伝統的工芸品で、博多人形の製作技術は福岡県の無形文化財に指定されています。日本国内だけでなく、海外にも販売され、置物や贈り物、縁起物、土産品として愛されています。

博多人形の特徴

博多人形の特徴は、見とれてしまうほどの実に多彩な表情、今にも動き出しそうな躍動感、繊細かつ豊かな色彩などがあげられます。素焼きの人形に色を施していますので、土のぬくもりが感じられて、あたたかく、優しい雰囲気が伝わってきます。

博多人形の種類

博多人形の種類は、「美人もの」、「歌舞伎もの」、「武者もの」、「縁起もの」、「能」、「道釈もの」、「干支もの」、「童」、「節句もの」などがあります。最近は、スポーツ選手、お相撲さん、アニメや漫画、犬、猫などの動物や空想上のキャラクターなどモダンで斬新な作品も注目を集めています。

博多人形ができるまで

博多人形は、一品作と呼ばれる、ひとつひとつ手で作り上げていく方法と、原型の人形を作りあげ、その型を石膏で作りだして作成するという、ふたつの方法があります。ここでは後者の方法をご紹介します。

粘土・土ねり

博多人形の原材料は、福岡の油山近郊で取れる良質の粘土を使います。粘土はそのままで使えるわけではなく、何度も工程を経て不純物を取り除き、粘土の質を高めるために一か月ほど寝かせます。そうすることで、焼いた時に人形にひびが入るのを防ぐことができます。

寝かされた粘土は、しっかりと練られます。そうすることで粘土が柔らかくなるとともに、粘土に含まれている空気を抜くことができます。

原型

職人がどのような人形にするか構想をねります。その構想にあわせて人形をつくっていきます。全体の姿だけではなく、指先や顔など細かいところまで、へラなどを使い仕上げていきます。

型とり

次に型取りです。構想通りに作り上げた人形の原型を糸や針金で切り離していき、それぞれの型を石膏で作っていきます。

石膏は高温で熱すると、白色の粉末になります。その粉末に水を混ぜて置いておくと固まり、石膏型が作られます。石膏は、人形の部分である粘土の水分を吸い取る性質もあります。複雑な人形になると、部分的に石膏型を作っていかなければならないので、20枚以上の型に分けなければいけない場合があります。

生地づくり

次は生地を作っていきます。生地の作り方は2種類あります、ひとつめは方に流していく方法で、もう一つは生地を型に押し込んでいく方法です。手で押し込んでいくのは、型の隅々まで生地を押し込み、厚みも均等になるよう手で感覚を感じながら広げていかなければならないので、経験を必要とします。

焼成

生地が乾燥し、型から外したら、窯で焼いていきます。800度前後の窯で8時間近く焼いたら、窯の中で冷やし、冷めたら窯から出していきます。

彩色

焼きあがった人形は素焼きの状態なので、土の色のままです。ここから色付けをしていきます。まずは胡粉といって貝殻を粉にしたものを水で溶いて、地塗りをしていきます。その後、肌を色づけしていき、着物や帯、髪の毛の細かい部分まで筆で書いていきます。博多人形は着物などの衣装や毛髪まですべて手で描いていくというところが他の地域の人形と異なるところでもあります。

面相

そして最後に、表情を描いて命を吹き込みます。子供のあどけなさ、女性の美しい紅、歌舞伎ものには力強さなど、それぞれにあった表情をえがいていきます。

完成

その後20日から60日乾かして完成です。

このように職人の技が詰め込まれた人形は、職人の手を離れ、博多人形として多くの方の手元に届きます。

博多人形と一言で言っても、作風や表情など作家さんによってそれぞれ異なります。好きな作家さんを見つけてごひいきにしたり、いろいろな作家さんの作品を手にするのもよいでしょう。また、現代の生活にあわせて、モダンな人形や、大きなものだけでなく手のひらに乗るほどの小さなものまで作られています。さまざまな用途やシーンに応じて博多人形を選ぶのも楽しみの一つです。

次回、博多人形に出会うときは、ぜひ作られた過程や職人さんの想いを考えながら作品をご覧になると、今までと違う側面も見えてくることでしょう。

に投稿

博多の伝統工芸品

商人の町として発展したきた博多は、長い歴史の中で様々な工芸品が育まれ、人々の手によって伝統工芸品として受け継がれてきました。

現在、国指定の伝統的工芸品として博多織と博多人形の2品目があり、福岡県指定の特産民工芸品として、博多曲物、博多鋏、マルティグラス、博多独楽、博多おきあげ、博多張子があります。

博多織

博多織の起源は、1235年に博多の商人である満田彌三右衛門(みつだやざえもん)が中国の宋に行き、技術を学んで博多に技術を持ち帰ったことが始まりです。

博多織特有の柄に献上柄というものがあります。この柄は、仏事で使われる花皿と独鈷をモチーフにしたものと、親子柄、孝行柄とよばれる太さの異なる線で作られているものを呼びます。

博多人形

博多人形の誕生は、1600年に、今の福岡を治めることになった黒田長政が、城を築くために職人を集めます。そのときの瓦職人が作った素焼き人形が博多人形の始まりといわれています。

 博多人形には「美人もの」、「歌舞伎もの」など美しさや力強さを感じさせるものもありますが、「干支もの」「節句もの」などかわいらしいものも作られています。

博多曲物

博多曲物の歴史は大変長く西暦200年までさかのぼります。日本の第15代天皇である応神天皇がお生まれになったときに、へその緒をいれた容器が、今の博多曲物でした。曲物はネジなど全く使っておらず、ひとつひとつ手作りで、木のみ使用して作られています。おひつやお弁当箱など作られていますが、ぜひ見ていただきたいのが「ポッポーお膳」です。こちらは子供のお祝いのときに使われるお膳です。お膳に書かれている松竹梅や鶴亀が特徴的で、子供の成長を願う気持ちが込められています。

博多鋏

今から700年ほど前に南宋の商人、謝国明が「唐鋏」を博多に持ち込んだのが始まりです。その後、幕府の献上品として、博多の刀鍛冶師である安河内卯助により唐鋏の製作に取り組みました。明治13(1880)年に高柳亀吉が卯助翁の弟子となり、やがて師匠の刻印である登録「宇」の継承を許されました。その後、明治20(1887)年に独立し、唐鋏を「博多鋏」と改称しました。一点一点丁寧に作られており、鋭い切れ味が特徴です。

マルティグラス

マルティグラスは、「Multiple Layer Glass(マルティプルレィヤーグラス)」の愛称です。性質の違ういろいろな色のガラスを何層にも重ねて、美しい芸術作品になります。

昭和12(1937)年のパリ万博で、日本のガラスとして初のグランプリを受賞しています。

干支モノや置物などもありますが、花瓶やおちょこやカップなど実際に日常生活で使えるものもあります。

博多独楽

1300年に中国から竹製の唐ゴマが日本に伝えられました。その後17世紀後半、木製のコマに鉄の芯を打ち込んだ「博多独楽」が作られました。このうように鉄の芯を持った博多独楽は、手に取って移動させることが可能になり、独楽を使った曲芸がうまれました。

博多おきあげ

博多おきあげとは下絵を描き、布や綿を使い立体的に盛り上げて作ったものです。立体感のある絵画のようです。博多では、女の子が生まれた時に、博多おきあげを送る習慣がありました。明治、大正時代にはこのおきあげを作ることは女性の教養の一つだったそうです。顔は手書きでひとつずつ丁寧に描かれています。着物を着たものは、重なりの部分や帯など色の配色も素敵です。

博多張子

博多張子は、江戸時代から縁起物として作られてきました。作り方は今も江戸時代とほとんど変わっていません。木などで作った型に和紙を布苔で幾重にも張り重ね、乾燥させた後、手描きで絵付けをします。一つ一つ丁寧に手作業で作られます。博多の大きなお祭り、博多どんたくで使うお面や、商売繁盛を願う十日恵比須の鯛の飾り、干支の置き物など縁起物として愛されています。

博多は、古来より貿易の中心地でもあったことから、ほかの国から伝わったものをベースにしたものも見受けられます。すべての工芸品は多くの人の努力により今現在まで伝わっていることを考えると、有り難さが一段と深くなります。

博多にいらした際は、博多の街に根付いた工芸品をぜひご覧になっていただきたいと思います。