に投稿

博多曲物について

西暦200年まで溯る博多曲物の歴史

博多曲物の歴史は長く、西暦200年にまでさかのぼります。日本の第15代の天皇である応神天皇がお生まれになったとき、胞衣筥(へその緒を入れた箱)として埋め、そのお標として松の木を植えたといわれています。その松を「筥松」、そしてその地を「筥崎」とよぶようになったということです。へその緒がいれられた筥が、博多曲物だったのです。

応神天皇は福岡県福岡市東区箱崎にある筥崎宮のご祭神です。筥崎宮は、大分県の宇佐神宮、京都府の石清水八幡宮と並び日本三大八幡宮と呼ばれています。この筥崎宮では1月には玉取祭(玉せせり)、9月には放生会が行われ、多くの人が集まります。

1,800年以上前から始まっている博多曲物、はじめのうちは、神社や公家邸など一部の人にしか使われていませんでした。その後だんだんと広まり、江戸時代には庶民の家庭でも使われるようになっていきました。

博多曲物の作り方

博多曲物はどのように作られているのでしょうか。

  1. まずは、曲げ物に適した木から探していきます。節がなく、筋がまっすぐ通っている木だけを選びます。
  2. 適した板が見つかったら、最低1年以上乾燥させます。その後木を薄く削り、同じ大きさに切りそろえます。そして、重なり合う部分は薄くするために削り落とします。
  3. 薄く切った木は、あくを抜きながら30分ほど煮沸します。こうすることで木の繊維が柔らかくなります。
  4. 煮沸したての熱々の木を取り出し、円形の「巻木」に巻きつけ曲げていきます。曲げた板は円形を保つように木挟で止めて、日陰で4、5日ほど乾燥させます。
  5. 乾燥した外枠に底板をあわせます。桜の樹皮を薄く整え、重なった部分を縫い綴じ合わせます。絵付けするものには、絵を描いていきます。

このようにしてひとつひとつの工程に多くの時間をかけて、ひとつの作品が出来上がるのです。

曲物の弁当箱と三宝

博多曲物ですぐ思い浮かべるのはやはり、「お弁当箱」「三宝」です。温かいご飯を博多曲物につめると、ほのかに木の香りがただよってきて、心を落ち着かせてくれます。それだけでなく、軽くて殺菌作用もあり、余分な湿度を吸収してくれるので、まさにお弁当箱として利用したいですね。

「三宝」は神様に神饌(神様へのお食事)をお供えするための台です。4面あるうちの3方向にのみ眼像(くりかた)が開いています。このような神事で使われる作品を作ることができるというのは、曲物師さんとしては嬉しい限りだと思います。

茶の湯で欠かせない博多曲物

他にも伝統的なところで活躍しています。それは、お茶の席です。季節を表現したお茶菓子を入れる「縁高」や、茶器を温めた後のお湯を入れる器「建水」などです。私が作動をしていた時は陶器を使うことがほとんどでした。しかし、曲物の器だと、昔にタイムスリップして、お茶を楽しむことができました。

子供のお祝い膳 ポッポーお膳

そして博多曲物で忘れてはならないのは、「ポッポーお膳」です。おそらく曲物を作っている他の地域にはない、博多独自のものではないでしょうか。まずは名前の由来からお話します。筥崎にはハトが多く、幼い子供がハトのことを「ハトポッポ」という言葉を使うことからハトポッポの「ポッポ」を名前に入れたそうです。このポッポーお膳に男の子用と女の子用の2種類準備されています。高さが少し高いものが女の子用です。これは、女の子がきちんと正座をし、男の子はあぐらをかくからということだそうです。

ポッポーお膳はどのような時に使われるのでしょう。それは、子供の成長の節目をお祝いする「七五三」です。ほかにも生後100日祝いの「お食い初め」でも使われます。もともと七五三は江戸時代の武家に伝わる風習だったようです。それが明治時代に全国的に広まったそうです。

博多では、3歳になると「お膳すわりの祝い」がおこなわれます。これは、親に食べさせてもらうことなく、一人で食事ができるようになる年齢に達したということをお祝いする日です。そしてポッポーお膳には絵が描かれています。お祝い事には欠かせない「松竹梅」と「鶴と亀」です。ここで注目してもらいたいのが「鶴と亀」です。亀のしっぽが赤く描かれています。これは「亀は万年」といわれるように、長生きをして苔がついている様子を描いたものです。

では、鶴を見てみましょう。なんと、鶴が上下逆さに描かれているのです。通常の向きで描いてしまうと、そのまま飛んで行ってしまいます。そこで、縁起の良い鶴がひっくり返って舞い降りている様子を描くため逆さに描かれているのです。このように絵にも子供を想う優しい心が込められているのです。

様々な用途にも使われる博多曲物

伝統的な博多曲物ですが、新たな伝統を作ろうと立ち上がっています。木の美しさが生かされた「CDケース」やパーティーなどで目を引く「ワイン&シャンパンクーラー」です。「ワイン&シャンパンクーラー」は結露もしにくく、パーティーでテーブルに置いてあると、主役になりそうな美しさです。博多に訪れた際は、お好きな博多曲物をぜひご覧ください。